美容外科とエステサロンの違い

バナー

美容外科とエステサロンの違い

美容に関わる施術を受けることができる場所の代表的なものに、美容外科とエステサロンがあります。

時に混同されることもあるこの両者ですが、明確な違いが存在します。

その違いとは、美容外科というのは医師が施術を行う医療機関であり、エステサロンは医療機関ではないという点です。

なので、美容外科では医療行為に該当する手術によって、美容に関わる様々な施術を行えるのに対し、エステサロンでは医療行為が行えないので、マッサージやスキンケアなどによる体質改善によって美を追求する施術が中心となっています。

美容整形の相談はとにかくお勧めです。

そして様々な美容要素の中でも、この両者の比較が特に分かりにくいのが、脱毛の分野です。



近年、高い需要を誇っているプロによる脱毛ですが、実際多くの利用者が脱毛を考えるにあたり、まず最初に迷うポイントが、この美容外科とエステサロンのどちらを利用したら良いのかという点なのです。



当然ながら脱毛の分野においても、この両者の比較というのは医療行為の有無ということになります。医療行為に該当するレーザー脱毛は、高出力の機器により毛乳頭を破壊するので、施術にかかる期間が短く、いわゆる永久脱毛といわれる極めて効果の高い脱毛を行うことができます。

対してエステサロンで行われる光脱毛は、医療行為である毛乳頭の破壊はできませんが、低出力の機器を使用することによる肌への負担の少なさと、圧倒的な料金の安さがメリットとして挙げられます。


両者の特徴をしっかりと把握し、自分の要望や予算に合わせて選択しましょう。