ダイエット中でも制限しながら間食

バナー

ダイエット中でも制限しながら間食

ダイエット中に限らず食事は1日3食が基本です。
食間になると体内の糖質が消費されて、血糖値が下がることから必要な活動エネルギーを確保するために体脂肪が分解されます。

素敵なレーザー脱毛 皮膚科 口コミを求める人にお勧めしたいサイトです。

うっかりと食間に甘いものを食べると血糖値が上昇し、インスリンが分泌されて体脂肪の分解がストップします。

どうしてもお腹が空いてしまったら、甘いものではなく温かい飲み物を補うと良いと言います。



血糖値の低下以外にも、体温が下がったり、胃の中身が空っぽになってしまうと空腹を感じやすくなるからです。

そういった時に温かい飲み物を摂取することで体温が上がり、胃が満たされて空腹感が和らぎます。例えば牛乳を温めたホットミルクは満腹感が出るのでダイエットには最適です。


牛乳はタンパク質を含みますが、タンパク質はDITが高く消化吸収される過程で熱が多く発生することから空腹も満たされる飲み物です。ダイエット中は厳禁というイメージの間食ですが、そうは言ってもやはりお菓子などのスイーツは心の栄養とも言われているくらいなくてはならない食べ物です。
甘いものを食べるとホットして、イライラが鎮まるというストレス解消のできる食べ物です。

あまり悪物扱いせずにこういった間食を上手に利用してストレスを上手く発散できると理想です。


例えば間食に摂取してもいいカロリーは1日だいたい80キロカロリーと言われているので、食べきりサイズのミニスイーツを選んできちんと制限しながら摂取するなどの方法が良いとのことです。